お知らせ

2018 / 12 / 01  

光触媒の花を扱うことになったきっかけ

今回は光触媒の花専門店B・C・FLOWERの設立のきっかけについてお話したいと思います。

店長が15年ほど前自宅の引越しの際、新しい居間にはドワーッと大きなガラス花瓶にお花を飾りたくて、「でも毎日水替えするのは大変だからアートフラワーでもいいかな?」と思い、さらに、アートの観葉植物も飾ろうと思い、某所に出かけました。
たまたまそこが「光触媒技術を使用して外壁・内壁の塗装をする光触媒塗布の専門会社」で、店長が25年ぐらい前に新卒で入ったゼネコン(3年で辞めちゃって、もったいないことしました)の協力会社(安全管理部で協力会事務局も兼ねていたため覚えていた)でした。

光触媒アートフラワーを使用したアレンジメント学校も開いていたものですから、すぐにそのアレンジメント学校に通い始め、基本・応用・専門課程を修了しました。
その時、自分が思っていたよりもアートフラワーがリアルにできていて(100均とかで販売されているものとは全然違うし)驚き、アートならではの様々な表現ができることがとても気に入りました。

いけばなをずっと習っていて、アートフラワーというものを馬鹿にしていたものですから、かなりの衝撃でした。勿論アートの観葉植物も手に入れました。
通いやすい場所にあったので、教室以外にも顔をちょくちょく出し営業の方や施工の方とも顔なじみになり、光触媒の液剤を仕入れさせていただけるようになり、塗布の方法や機械なども教えていただき、校長先生に「あなた教室に通うより、早く独立なさい」と言われてその気になって、光触媒の花専門店B・C・FLOWERを出すことにしたのです。

①光触媒の質の良い液剤を仕入れることができること
②光触媒の液剤をアートフラワーに塗布する場所・乾かす場所を確保できること
③仕入れた花の保管場所があること

がそろえば何とか光触媒の花を扱うことができます。

以前より習っていたいけばな小原流の型と、アレンジメントの型をあわせたアレンジメントを 光触媒加工したアーティフィシャルフラワーで作成できたらと思い、実現したのが光触媒の花専門店B・C・FLOWERです。
B・C・FLOWERのアーティフィシャルフラワーはオンラインショップでも購入可能です。 田園調布に実店舗がありますのでぜひお気軽にお越しください。