お知らせ

2019 / 02 / 10  

チャリテイーアレンジメント追加のお知らせ

保護犬猫支援参加型サイト「ADONIS」さんで グランドピアノDOGフィギュア付きチャリテイーアレンジメント が販売開始になりました。お客様が1個購入ごとにお客様は¥3000の寄付、BCFLOWERも¥3000の寄付となります。チャリティーアレンジメントとは思えない質・内容の良さで驚かれると思います。 ご注文は ADONIS さんのページからお願いします。 団体さんに保護された保護犬や保護猫が、仮ママや団体さんのところで雨宿り、終の住み家となる素敵な方からのお迎えを待っている、そんなイメージかと。 https://www.adoniscatdog.com/
2019 / 01 / 05  

謹賀新年

昨年はおかげさまで10月に再度田園調布で路面店を開店できました。今年はなんとか乗り切れればと思っています。皆さん、注文してください!
2018 / 12 / 21  

アートフラワーについて

シンプルにいうとアートフラワー = 造花です。
生花をどうこうしたものではなく、ほぼ素材は布地です。紙だったり、プラスティックに近いようなもの、手触りが発砲スチロールっぽいものもあります。

紙・プラスティック・発砲スチロールが素材だったとしても、その素材により、よりリアルな質感を表現できる場合もあります。
あるいはよりアーティスティックな表現ができる場合もあります。たとえば、ちょっとお高い人気の「カラー」のシリーズがありまして、それは質感も良く、発色もきれいですが、ガク(花びらに見えるところ)の部分の触感は薄い発砲スチロールのようです。またたとえば、細くてクネクネした、とても使いやすく表現しやすい蔓などは、ワイヤーに紙を幾重にも巻き付けて固めたものだったりします。なので、素材が何だから価値がないとか、安っぽいとか、まったく言えないのです。

私が残念に思うのは、「シルクフラワー」がなにやらアートフラワーの中でもランク上のように思っていらっしゃる方がいることです。アートフラワーで「シルク」が素材なわけがなく。いわゆる「シルクタッチ」のことです。どちらかというと私が感じるには「ペラペラ薄い」です。昭和の時代から「シルク」と名付けるとちょっと高級な感じがするからお名前拝借、といったところでしょうか。セーターでいうところの「カシミアタッチ(全くカシミア含まれていないのに!)」みたいなものでしょう。ちなみに、繭で作られた「繭の花」というのはあります。

現在はより質感良く・発色よく・リアルなアートフラワーを「アーティフィシャルフラワー」と区別して呼ぶような業界の風潮があります。B・C・FLOWERは以前からずっとそういった、より質感良く・発色が優しく自然に近く、それでいてリアルなものを選んで使ってきました。なんといってもBeautiful でComfortable なFlower ですから。見て美しく飾って誇らしくお手入れ簡単な花を提供するのが当店B・C・FLOWERの役目です。
2018 / 12 / 01  

光触媒の花を扱うことになったきっかけ

今回は光触媒の花専門店B・C・FLOWERの設立のきっかけについてお話したいと思います。

店長が15年ほど前自宅の引越しの際、新しい居間にはドワーッと大きなガラス花瓶にお花を飾りたくて、「でも毎日水替えするのは大変だからアートフラワーでもいいかな?」と思い、さらに、アートの観葉植物も飾ろうと思い、某所に出かけました。
たまたまそこが「光触媒技術を使用して外壁・内壁の塗装をする光触媒塗布の専門会社」で、店長が25年ぐらい前に新卒で入ったゼネコン(3年で辞めちゃって、もったいないことしました)の協力会社(安全管理部で協力会事務局も兼ねていたため覚えていた)でした。

光触媒アートフラワーを使用したアレンジメント学校も開いていたものですから、すぐにそのアレンジメント学校に通い始め、基本・応用・専門課程を修了しました。
その時、自分が思っていたよりもアートフラワーがリアルにできていて(100均とかで販売されているものとは全然違うし)驚き、アートならではの様々な表現ができることがとても気に入りました。

いけばなをずっと習っていて、アートフラワーというものを馬鹿にしていたものですから、かなりの衝撃でした。勿論アートの観葉植物も手に入れました。
通いやすい場所にあったので、教室以外にも顔をちょくちょく出し営業の方や施工の方とも顔なじみになり、光触媒の液剤を仕入れさせていただけるようになり、塗布の方法や機械なども教えていただき、校長先生に「あなた教室に通うより、早く独立なさい」と言われてその気になって、光触媒の花専門店B・C・FLOWERを出すことにしたのです。

①光触媒の質の良い液剤を仕入れることができること
②光触媒の液剤をアートフラワーに塗布する場所・乾かす場所を確保できること
③仕入れた花の保管場所があること

がそろえば何とか光触媒の花を扱うことができます。

以前より習っていたいけばな小原流の型と、アレンジメントの型をあわせたアレンジメントを 光触媒加工したアーティフィシャルフラワーで作成できたらと思い、実現したのが光触媒の花専門店B・C・FLOWERです。
B・C・FLOWERのアーティフィシャルフラワーはオンラインショップでも購入可能です。 田園調布に実店舗がありますのでぜひお気軽にお越しください。
2018 / 10 / 13  

2018年10月2日OPENしました

皆様お待たせいたしました。2日にOPENして、なんとかやってます。今回の特筆すべきは、シャッターが横引きでガレージみたいなシャッターで、営業時間外でも店内をご覧いただけます。勿論皆さんを佐藤がお迎えしたいので、ご来店の際は03-6410-2987へご連絡ください。佐藤は今のところ、火曜日・水曜日・金曜日・土曜日にいる予定です。12時から19時までが営業時間です。

1 2 3 4 5 6